" ファミリーバイク特約 このポイントは大丈夫ですか?

ファミリーバイク特約の「安さ」とは?

ポイントこの保険料の違いをご覧ください。
   ファミリーバイク特約無しの保険料の比較例です。

この例の自動車保険の料金差は最大で約3万円です。

(ファミリーバイク特約の各社の料金差は最大でも5~6千円程度

せっかく安いファミリーバイク特約が見つかっても、
自動車保険の料金差でその「安さ」が消し飛んでしまうかも知れません。


■年間保険料~30代家族の一括見積でので比較
(対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし)
  • BBBB     37,910円
  • CCCC損保   38,260円
  • DDDD     40,280円
  • FFFF損保   42,760円
  • そんぽGG    43,290円
  • HHHH海上   50,040円
  • GGGG損保   52,800円
  • NNNN火災   56,990円
  • KKKK損保   57,540円
  • MM海上     57,770円

【条件】住所/東京、年齢/33歳、次契約/14等級、30歳以上担保、走行距離10000km、車体/ホンダ・ステップワゴン、型式/RF7、使用目的/レジャー、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(30歳)、家族限定/なし、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/210万円(一般、免ゼロ付)



ファミリーバイク特約の安い所が本体の自動車保険も安いとは限りません。
特約は安くても本体の自動車保険が高ければ料金で選んだことにならないでしょう。

原付の特約を節約しようとすれば、結局は特約付き自動車保険の安いところを選ぶことになります。


ファミリーバイク特約の「人身傷害タイプ」

ファミリーバイク特約

通常ファミリーバイク特約は「自損事故タイプ」であり、運転者のケガなどは自損事故の場合しか補償されません。
この自損事故タイプの唯一の短所をカバーできるのが「人身傷害タイプ」です。

主契約が人身傷害保険付きであれば通常「人身傷害タイプ」のファミリーバイク特約を選ぶことになります。


正確には、自動車保険が人身傷害保険付きの場合、自動的に「人身傷害タイプ」になる所と、選択で「人身傷害タイプ」にできる所とがあります。

保険料は通常の自損型より高くなります。(各社で違いますが1万円前後程度)


ネットで様々調べると(しんどい!)「人身傷害タイプ」付きでも最も安くなるのはやはりアクサダイレクトのようです。

他社で「車は人身傷害付き、原付は自損型」という選択でアクサより安くなる場合もあリますが、せっかくの人身傷害の補償(過失割合に関係なく実損を補償)をはずすのは費用対効果を落としてしまいそうです。



単独のバイク保険へ加入

ファミリーバイク特約

自分も家族も自動車の任意保険に加入していない場合は、単独のバイク保険に加入する方法があります。

原付に最適のバイク保険は、ズバリ通販・リスク細分型バイク保険でしょう。

中間コストのない通販型保険はもともと保険料が安いのですが、
原付のバイク保険にリスク細分型がおすすめの理由は、
原付以外のバイクと保険料区分が分けられるという点です。


チューリッヒの場合は走行距離 5,000km未満の区分で
通勤・通学利用の原付の保険料が割安になります。

アクサダイレクトの場合は、原付に走行距離区分は適用されませんが、
125cc以下の排気量区分が適用され保険料が割安になります。


例えば2種原付(51cc~125cc)で通勤・通学以外にも原付を利用する場合は、
走行距離を気にしなくて良いアクサダイレクトにすれば安心ということになります。

通販・リスク細分型はほかにも、使用目的、年齢、地域などのリスク区分があり、
原付に最適のバイク保険だといっていいでしょう。



家族が原付に乗るなら迷わずにファミリーバイク特約を

ファミリーバイク特約は原付の保険の決定版といってよいでしょう。

自分あるいは家族に自動車保険加入者がいる場合、原付の保険なら迷わずファミリーバイクを選ぶべきでしょう。

追加保険料が安く済むのも大きいメリットですが、他にもメリットが大変多く、これほどコストパフォーマンスの高い特約は他にないと言っていいでしょう。


ファミリーバイク特約は、自動車保険の契約者とその同居家族が、原付(125cc以下)を運転中に事故を起こし、他人を死傷させ、損害賠償責任を負った場合や、自損事故(単独事故)によって他人の所有物を破損させた場合に保険金が支払われる自動車任意保険の特約です。

この特約を付ければ、原付の事故のときに本体の自動車保険の補償が適用され、本体の保険と同様の補償を受けることができます。

具体的には、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険(本人のケガ)が補償対象になります。

注意しなければならないのは、本体の自動車保険に搭乗者障害の契約があっても、ファミリーバイク特約では適用されないことです。

つまり、自爆事故のような自損事故以外に運転者のケガなどは補償されませんので、生命保険に加入していない人は別途に掛け捨て傷害保険などに加入しておけば万全となります。


ファミリーバイク特約のメリットは数多くあります。

被保険自動車に「年齢条件・家族限定特約」などを付帯していた場合でも、ファミリーバイク特約には適用されません。

例えば自動車保険が30歳未満不担保の場合でも、ファミリーバイク特約では18歳のこどもがバイクで事故を起こした場合でも補償されます。

このほかにも

・他人から借りたファミリーバイクで起こした事故でも補償される

・ファミリーバイクの所有台数によって保険料は変わらない、つまり何打でもよい

・ファミリーバイク特約の対象となる事故を起こしても、翌年のノンフリート等級には影響がない

等のメリットがあります。

家族の誰かがファミリーバイク(125cc以下)を所有している場合や、頻繁に友人・知人のファミリーバイクを借りて運転する方は、付帯するメリットが大きい特約です。



このページの先頭へ