50cc原付には「自損型」のファミリーバイク特約

原付の保険

50cc以下の原付(原付一種)は普通免許、原付免許で乗れる最も手軽なバイクです。
法定速度は30km以内、2人乗りは禁止であり、保険も経済的にしたいもの。

ファミリーバイク特約は自損型で良いのではないでしょうか。

自損型のファミリーバイク特約は、対人・対物に加え
「自爆事故」のような自損事故のケガなどが補償の対象です。


注意自損事故以外のケガなどは自分の保険からの補償はありません。
(※本体自動車保険が搭乗者傷害付きでもファミリーバイク特約では適用されません。)

相手のいる事故でのケガなどが心配であれば、生命保険や交通傷害保険でカバーする方法があります。
通勤、仕事だけの原付利用であれば、ケガなどが労災でカバーされることになります。


使用目的を考えた特約の選び方

原付の利用状況ごとにファミリーバイク特約のタイプや他の保険でのカバーを考えてみましょう。

原付 保険

●通学だけに利用 ⇒ 「自損型」 「自損型+傷害保険」

対人・対物・自損事故が自動車保険と同じに補償される「自損型」でいいのではないでしょうか。
追加保険料も年間6千円~1万円程度と大変経済的です。
自損事故以外のケガなどが心配であれば交通障害保険等でカバーする方法もあります。


●通勤と仕事だけに利用 ⇒ 「自損型」

労災でカバーされる通勤と仕事だけの原付利用であれば「自損型」で十分でしょう。
生命保険に加入している場合はなおさらです。


●レジャー使用、2人乗り使用 ⇒ 「人身型」を考える?

人身傷害保険が適用される「人身型」を選べば同乗者のケガなどもカバーされます。
基本的に本契約で人身傷害保険を契約している必要があります。
(※保険会社によって取り扱いが異なりますので確認が必要です。)


原付特約の「人身障害タイプ」があるのはなぜ?

注意ファミリーバイク特約では、本体の自動車保険に搭乗者障害特約をつけていてもそれが適用されません。

125ccバイクなど2人乗りができる原付もあるからでしょうか、本体に人身障害をつけている場合にファミリーバイク特約でも「人身障害タイプ」を選べる保険会社が増えています。

「人身障害タイプ」は、本人、家族、他人のいずれでも実損害額が補償されますので、搭乗者傷害の不適用をカバーすることになります。


ただし、本体同様、ファミリーバイク特約でも「人身障害タイプ」を選ぶと特約の値段は高くなります。

「人身障害タイプ」を選べない場合は、交通傷害保険や生命保険でカバーするというリーズナブルな方法があります。


ファミリーが原付に乗るなら迷わずにファミリーバイク特約!

ファミリーバイク特約は、自動車保険の契約者とその同居家族が、原付(125cc以下)を運転中に事故を起こし、他人を死傷させ、損害賠償責任を負った場合や、自損事故(単独事故)によって他人の所有物を破損させた場合に保険金が支払われる自動車任意保険の特約のことです。

ファミリーバイク特約を付けることによって、本体の自動車保険の補償が適用され、本体の保険から補償を受けることができます。

具体的には、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険(本人のケガ)という補償となります。

注意しなければならないのは、本体の自動車保険に搭乗者障害の契約があっても、ファミリーバイク特約では適用されないということです。

ファミリーバイク特約のメリットは数多くあります。

被保険自動車に「年齢条件・家族限定特約」などを付帯していた場合でも、ファミリーバイク特約には適用されません。

例えば自動車保険が30歳未満不担保の場合でも、ファミリーバイク特約では18歳のこどもがバイクで事故を起こした場合でも補償されます。

このほかにも

・他人から借りたファミリーバイクで起こした事故でも補償される

・ファミリーバイクの所有台数によって保険料は変わらない、つまり何打でもよい

・ファミリーバイク特約の対象となる事故を起こしても、翌年のノンフリート等級には影響がない

等のメリットがあります。

家族の誰かがファミリーバイク(125cc以下)を所有している場合や、頻繁に友人・知人のファミリーバイクを借りて運転する方は、付帯するメリットが大きい特約です。



このページの先頭へ