51cc~125ccの原付なら「人身型」?

原付の保険

50cc超125cc以下の原付バイクは、法定速度60km、2人乗りが可能な原付です。
50cc以下原付と同じような利用であれば、特約も「自損型」でいいのかもしれません。

2人乗りをし速度も出すという場合は人身型のファミリバイク特約を選ぶという方法があります。
保険料は高くなりますが人身型は運転者・同乗者のケガ等が本契約と同様に補償されます。

人身型は自動車保険に人身傷害保険がついている場合に選ぶことができます。
(※本契約と連動で人身型になる所、選択で人身型にできる所など各社で取扱いが違います。)


「人身型の保険料が気になる」、「本契約に人身傷害が付いてない」
そんな場合は、本体の自動車保険を今より安いものに切り替えてはどうでしょうか。
代理店型から通販型への切り替えなら人身型を付けてもおつりがくるかもしれません。

CHECK!自動車保険の見直し、切り替えなら【無料】一括見積もりが簡単で便利

一括見積もり利用者の体験談

原付 保険

ファミリーバイク特約を最小限の経費で追加する方法、
それは、自動車保険を今より安いものに切り替えることです。

契約を変更する特約の追加は保険見直しのちょうど良い機会かも知れません。

・ディーラーおすすめの保険をそのまま更新している
・年齢、家族構成などが変わったのにそのまま更新している
このような場合は、特に一括見積もりでの見直しがおすすめです。

ネットでの見積りが初めての場合でも利用者の口コミ・体験談で安心できます。
覚悟していた保険料増が逆に保険料の節約になるかも知れません。


口コミ・体験談はこちら こちら 一括見積サービス利用者の口コミ

ファミリーバイク特約「人身障害タイプ」の選択

ファミリーバイク特約はいいこと尽くめのように見えますが一つ短所があります。
自動車保険に搭乗者傷害保険が付いていても特約にはそれが適用されないという点です。
搭乗者傷害保険は、事故の時に運転者や同乗者のケガ等が補償されるものです。

搭乗者傷害保険が適用されないことにより、
原付での事故の時は運転者、同乗者のケガに対して、自分の保険からは補償が行なわれません。

この点をカバーできるのが「人身型」(人身傷害タイプ)のファミリバイク特約です。
本体に人身傷害保険が付帯していれば自動的に、あるいは選択によりこのタイプが付けられます。

本体に人身傷害が付いていない場合、あるいは「人身型」そのものを選べない保険会社の場合は、
別途に交通傷害保険や普通傷害保険を契約するという方法もあります。

「人身型」の取り扱いは保険会社によって違いますので確認が必要です。



このページの先頭へ